医療関係者の方へ

レントゲンフィルムの処理・買取

フィルム買取料金表及び回収費・諸経費

レントゲンフィルム  未使用X線  X線 CT・MRI  ドライ 
単 価 : kgあたり 150円 50円 50円

   50円


  ただし、お支払いする金額は、以下の回収費、諸経費を差し引いた金額となります。


回収費  片道
~30分
 5,000円 × 人数

粕屋町、 須恵町、宇美町、志免町、 篠栗町、久山町、太宰府市、 大野城市、春日市、福岡市(中央区、東区、博多区、南区) 

~1.0時間 10,000円 × 人数 

福岡市(西区、城南区、早良区)、 朝倉市、那珂川町、筑前町、小郡市、飯塚市、直方市、 宮若市、古賀市、中間市

~1.5時間 15,000円 × 人数 

鞍手町、嘉麻市、うきは市、 久留米市、八女市、八幡東区、 水巻町、前原市、柳川市 

~2.0時間 20,000円 × 人数 

小倉南区、小倉北区、門司区、 戸畑区、若松区、行橋市、 大牟田市、熊本市、荒尾市 

~2.5時間  25,000円  × 人数 大分市、八代市 



諸経費
 

「買取証明書」発行手数料

1,000円

「産業廃棄物処理委託契約書」および
「マニフェスト伝票」発行手数料

 フィルムの買取は、廃掃法上の産業廃棄物処理ではありませんが、ご入り用であれば発行いたします。 

1,000円



一つでも該当する方はお問合せ下さい。

  フィルム整理が面倒

  置き場に困っている

  廃棄の仕方がわからない

  廃棄する量が少ししかない

  できるだけ高く売りたい

  個人情報の漏えいが心配

フィルムが整理されてなくても大丈夫

フィルムが整理されてなくても大丈夫弊社スタッフが、年代別に廃棄いたします。お客様立ち会いのもと、フィルムの仕分けもいたします。その他、棚の移動や梱包などもお手伝いいたします。その場で要・不要や思い切りがつかない物を含めた、簡単な整理整頓術で面倒な作業を解決します。
また、全てを受託する代行サービスも行なってますので、安心してご依頼ください。

電話、FAX、問い合わせメール一本ですぐに伺います。

電話、FAX、問い合わせメール一本ですぐに伺います。福岡市内であれば、ダンボール1箱から。
福岡県内であれば、ダンボール5箱から。
それぞれ1週間以内に出張買取いたします。


福岡県外であれば、2週間以内に、ダンボール5箱から買取いたします。


エリアによってはお伺い出来ない場合もございます。(その場合でも当社の関連会社や協力会社をご紹介致します。)
遠方の場合もお問合せ下さい。全国の関連会社や協力会社が対応もいたします。   

そのままで構いません。

梱包する必要はありません。紙袋に入れたままでも、ヒモで縛った状態でも構いません。未開封のままでも構いません。X線、CT、ドライフィルムが混在していても、構いません。

証明書を発行いたします。

当社は、直接集荷し、フィルムは当社提携工場内にて焼却処理します。>また、フィルムを入れていた紙袋は「破砕証明書」を発行するリサイクル業者にて処理します。そのため、個人情報が漏えいすることは、一切ございません。

また、当社は「個人情報漏えい保険」に加入しておりますので、万が一の損失も補償されます。

さらに、ご希望であれば、「売却証明書」「破砕証明書」など発行いたします。買取ですので産業廃棄物にはあたりませんが、もし、「医療監査のために万全な 備えを。」と仰るのであれば、「マニフェスト伝票」「産業廃棄物処理委託契約書」 もご用意いたします。

info_btn.jpg

買い取り・回収、リサイクルに関するQ&A

医療用レントゲンフィルム買取・回収、リサイクルのご提案の際
よく頂戴するご質問とその回答をご紹介致します
 

医療用レントゲンフィルムの処理費用は?
有価資源としての買取のため一切かかりません。

医療用レントゲンフィルムを有価物・有価資源として、買取回収・リサイクルさせて頂きます。 これまでお金を払って処理されていたのが、費用が一切不要になり、逆に収入が得られます。

医療用レントゲンフィルムの買い取り・リサイクルにマニフェストは必要ですか?
本来、マニフェストは必要ありません。

産業廃棄物してではなく、リサイクルを目的と した有価物・有価資源として扱うため、マニフェストは必要ありません。しかし、ご希望であれば、マニフェスト、産業廃棄物処理委託契約書も作成いたします。

なぜ医療用レントゲンフィルムを買い取るのか?メリットはあるのか?
フィルムに僅かに含まれる銀を回収しています。

医療用レントゲンフィルムを熱分解処理し、含まれるわずかな銀をリサイクルいたします。 ですから、医療用レントゲンフィルムを買取・回収することが可能です。

医療用レントゲンフィルムは紙袋に入れて保管しているのですが、分別が必要ですか?
紙と分別していなくても買い取り致します。

ただし、分別されているほうが、買取金額は高くなります。

レントゲンフィルムを買い取ります!

きっちり処理します!

こんな悩みはありませんか?

1. 保管期間が過ぎたフィルムで保管場所が一杯になった
2. 処分したいけど忙しくて人手がかけられない
3. 処分費用をあまりかけたくない
4. 閉院や移転などで大量に処分したい
5. レントゲンフィルム(個人情報)をマニフェスト無しで
処分しているけど大丈夫だろうか

info_btn.jpg

悩みを解消する5つのステップ

弊社では5つのステップを提案し、
このような悩みを解消するためのお手伝いをしています

ステップ1、人手や費用は?

step11. 手間がかかりません

フィルムは封筒に入ったまま、またX線フィルムやCTスキャンフィルムなど種類の違うフィルムもまとめてお引取りいたしますので、事前に仕分けをする手間がかかりません。

2. 費用が低価にできます

弊社は、レントゲンフィルムを廃棄物として処理するだけでなく、含まれる銀を取り出すために有価物として買い取らせていただいています。この資源循環システムによって、費用を低価に抑えることが出来ます。

ステップ2、個人情報の保護は?

step21. レントゲンフィルムの個人情報保護

弊社では、レントゲンフィルムを単なる有価物として取り扱うのではなく、個人情報保護法でいう「個人情報」としてお取り扱いしています。加えて、廃棄物処理法に基づき産業廃棄物として、「排出から処分まで」をマニフェストによって適正に管理して個人情報の保護に努めています。

2. レントゲンフィルムの封筒や心電図等の
     紙製品の個人情報保護

個人情報を含む紙媒体は、破砕し、製紙会社にて資源化するシステムをとっています。こうした取り組みを確実にするために、弊社では廃棄物トレーサビリティシステムである「環境ガードシステム」よる管理を行っています。これらの取組みによりレントゲンフィルムの処分にかかる不安を解消し安心をお届けしています。詳しくは、「会社概要」、「環境ガードシステム」のコンテンツをご覧下さい。

・会社概要ページはこちら>>

・環境ガードシステムのページはこちら>>

ステップ3、ご相談をどうぞ

step31. プロにご相談下さい

弊社は産業廃棄物協会の会員として、また、写真感光材料廃棄物の処理業46年の実績を持つ、処理のプロです。レントゲンフィルムの処分のみならず、医療機器や感染性廃棄物など医療機関から排出されるあらゆる廃棄物についての「困った」もありましたら何なりと、電話、FAX、メールでご相談下さい。

お問合せ先

大谷化学工業株式会社 営業1グループ 末信まで

TEL  : 092-621-7855
FAX  : 092-611-8278
E-Mail:gate@7855.jp

ステップ4、事前のお打ち合わせ

step4 

1. 無料見積り

電話等のご相談後、ご指定の日にお伺いし、無料でお見積りをさせていただきます。

2. 事前契約

お取引条件のご了解を頂いたうえで、事前に「産業廃棄物処理委託契約」を締結いたします。契約書には、個人情報の取り扱いや取引条件などが明記されておりますので、ご安心してご委託頂けます。

   

   

ステップ5、集荷と運搬

                                                                                    1.集荷

                                                                                  ご指定の日にお伺いして集荷いたします。

                                                                                    2. 運搬終了

運搬完了後、マニフェストをご返送いたします。

info_btn.jpg step5